2016年03月20日

足の傷をきれいにして生足に自信を!

傷ができてしまったときには、消毒をすることもいいですが、皮膚の細胞まで流れてしまい、治りにくくなったりもします。


傷をキレイに直したいのなら、


・触らない


・消毒しない


ということが大事です。




紫外線・乾燥はNG!








出典: weheartit.com





日に当たるとメラニンが生成され傷跡が残ったり、傷が悪くなったりもします。


乾かすのも傷にNG。


なので絆創膏を貼る、日よけに長いパンツを履くなど、しっかり脚をガードしましょう。






 

 





グッズに助けてもらう








出典: weheartit.com





市販のよく効く薬です。傷跡に効果的な薬品はたくさんありますし、効果アリの口コミも多数。








アットノン


アットノン¥956


血行を促進するため傷が目立たなくなります。








オロナイン軟膏


オロナイン軟膏¥731


傷を消毒し、保湿してくれます。








ヘパリンZクリーム


ヘパリンZクリーム¥1,213


アザや腫れに効果があります。








代謝アップ








出典: weheartit.com





本来体は傷ができると自分で治そうとする働きがあります。


それが代謝です。代謝をよくすることで、傷の治りを良くしてくれます。











出典: www.nikibiato-kesu-keshousui.com





顔に使う蒸しタオルを体にもオンすれば、代謝もアップします。また、湯船にしっかり使ったり、水分をとったりといったことも効果的ですよ。









また内側のケアも効果的です。


代謝をアップさせる酵素をとる、ビタミンを取るなど


体本体の機能をあげることも、傷を治す秘訣です。


美容にも良いですし、内側から改善して行きましょう。








気になる傷あとも退治して
自信をもって出せる脚をゲットしましょう!

posted by yuri at 00:00| Comment(0) | ファッション系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

うらやましいと言われたい!さらさら髪の作り方

女の子なら誰でも憧れるさらさらの髪の毛。しかし、しっかりケアしているはずなのに、どうして綺麗にならないのか??


そんなお悩みにお答えします。







さらさら&キューティクル命!








出典: weheartit.com





ちゃんとケアしているのにボロボロ、というのは、普段のお手入れがちゃんとできてないのかもしれません。







毎日のケアの方法




1.シャンプー前にブラッシング








出典: weheartit.com





シャンプーをする前にブラシをすることで、髪のすみずみまで洗いやすくなります。また、濡れた髪はダメージを受けやすいので、濡れたまま髪をとかすのはNGです。








2、たっぷりの泡で洗おう








出典: weheartit.com





手のひらでしっかりと泡立ててから洗うことで、頭皮まで優しく洗うことができます。







3.しっかりすすぐ








出典: s-i-m-p-l-i-f-i-c-a-r.tumblr.com





シャンプーはしっかりと洗い落としてください。そうしないと、頭皮が荒れて、髪の毛が痛んでしまいます。







ただし、トリートメントは残るくらいに






出典: www.flickr.com








 




■ケア剤は毛先から








出典: weheartit.com





ヘアケア剤はまずは毛先に集中しましょう。毛先は最も傷みやすい場所です。しっかりケアしてしっとりストレートな髪に!








髪を乾かすドライヤーの基本








出典: weheartit.com





髪は濡れたままにすると、傷む原因になります。必ずドライヤーで乾かすようにしましょう。


また、頭皮を中心に乾かすこと、15センチは話すことなどを気を付けてくださいね。











出典: www.damaged-hair.net








週に1度はスペシャルケアのヘアパック!






時間のある休日などに集中ケアパックをして、髪をいたわりましょう。



■やり方







出典: www.viceviza.com





きれいに洗った髪を整えて、上の手順でパックをします。蒸しタオルをしてっから10分〜15分を目安に。


放置時間は違ってくるので、それぞれのパックで説明書を読みましょう。

 






髪を美しく見せるスタイリング




■アホ毛対策は冷風orスプレー剤でしましょう






新しく生えてきた短めの毛、アホ毛は髪をブローした後冷風を当てることで落ち着かせましょう。


それでも目立つというときは、ケープなどのスプレーを使うことでアホ毛を寝かせましょう。






■静電気対策はシアバターワックス








出典: w-hitefawn.tumblr.com





冬は静電気でごわごわしてしまうときは、シアバターワックスをぬってごわごわ対策!髪がしっとりしますよ。










 







誰よりも美しい髪をあなたのモノに








出典: 37.media.tumblr.com





お手入れを正しくすれば、きれいな髪は手に入る!










posted by yuri at 00:00| Comment(0) | ファッション系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顔面ニキビ除去対策!




困った顔のニキビたち…








出典: weheartit.com





頬、鼻、おでこ、あごなどなど、ニキビができるだけで気分も沈んでしまいますよね。ニキビができる前にその原因を除去しておきたい!ニキビのケアを紹介します。







おでこニキビ除去法!




■原因



12093616_436988976497031_144716130_n

おでこニキビは、前髪がさわり、整髪剤やシャンプー、トリートメントの洗い残しなどが原因!思春期のおでこニキビは、それに追加して、ホルモン変化による皮脂が過剰分泌が原因です。





■治し方








出典: weheartit.com





1、髪の毛などがニキビに触れないようにアップしておく。
2、入浴の際、「髪→体→顔」の順に洗って、シャンプーなどの洗い残しがないようにする。
3、皮脂分泌を抑える作用のビタミンBを取るようにする。






 

鼻にきびの原因








出典: weheartit.com





もともと鼻は毛穴が多くて皮脂分泌が多いのでニキビになりやすいとのこと。






食生活の乱れや、ストレスなどで、皮脂分泌が多くなるのがニキビの原因です。

■治し方






鼻ニキビを治すには、食生活と規則正しい生活です。


脂分を減らしたヘルシーな食生活や睡眠をしっかりとってホルモンバランスを整える。ストレスや疲労をため込まないように、リラックスする時間をとったり、適度な引導も効果的です。






 

頬ニキビの原因



11377482_836972853023844_1953311295_n

主に食生活の乱れが原因です。


また思春期のホルモンバランスの乱れや、ストレスなどが原因になることもあります。





■治し方








出典: weheartit.com





髪が頬に触れないようにする、また、化粧品は負担をかけないものにする。


休日は化粧品をつけないなど気を付けましょう。








また、ストレスがたまらないように、リラックスする時間を増やしましょう。



口元のニキビ








出典: weheartit.com





 







口周りのニキビは、疲労やストレス、体調不調の時にできやすくなります。
また、便秘や下痢など腸の環境が悪くなっているときに出やすいです。






 



■治し方








出典: www.d-laboweb.jp





口周りのニキビは、体の冷えによって胃腸の機能が低下するために起こります。なので、体を温めることが肝心。


暖かいスープ、白湯、生姜湯などを飲んで、日ごろから体を温めるようにしましょう。







あごにきび








出典: weheartit.com






あごのニキビは、体の中に原因があることが多いです。

食生活の乱れや、睡眠不足などで体内の内臓が疲れているとニキビが出やすいとか。

■治し方








出典: weheartit.com





ストレスを溜めないように、過度なダイエットや偏食はさけましょう。さらに、フルーツを多くとることで、体内を活性化させましょう。








 





ニキビ知らずのすべすべな美肌に








出典: weheartit.com





ニキビの出来る原因と治し方をしっかり確認して、


ニキビ知らずのきれいな肌を目指しましょう!







posted by yuri at 00:00| Comment(0) | ファッション系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする