2015年06月27日

健康と美容に良い!水の使い分け!

水分、塩、などミネラル系は体の体調を変える。
という話をよく聞きますが、

特に水ってたくさん種類があるけど、どうやって飲み分けたらいいの?

と思っている方は多いと思います。

そこで!


症状別におすすめの水をご紹介します!


●便器が辛いときに飲むお水

「硬水」「海洋深層水」
例、コントレックス、miu

硬水は便秘解消に効果があると言われています。そもそも便秘の原因の一つが水分不足にあるわけですから、水を飲むこと自体がそのまま便秘解消には有効です。

一般的にマグネシウムイオンはお通じをよくするといわれています。 飲みすぎるとお腹がゆるくなってしまいますから注意が必要です。


ダイエットしたい時に飲むお水


「炭酸硬水」
例サンペレグリノ

シュワッとしたさわやかな口当たりの炭酸水をダイエットに取り入れた、炭酸水ダイエットが昨今美容意識の高い女性を中心に注目されています。



炭酸ダイエットは、炭酸水さえあれば始めることができるので、お金をかけずに手軽にできるダイエットとして大変おすすめです。



炭酸水を飲むことで空腹感を抑え、食べすぎを防ぐという効果を狙ったものです。毎食ごと、食事の前5分〜10分に、コップ一杯程度を目安にすればいいでしょう。





●疲れが溜まっている時に飲むお水


「アルカリイオン水」「天然炭酸水」

アルカリイオン水は、水を分解してつくられる電解水の一つで「還元水」とも呼ばれています。
身体への吸収率がよく、健康・長寿に対する期待も高まります。
ほかにも、胃酸過多や便秘、リウマチ、骨粗しょう症、アトピー性皮膚炎に効果が確認されています。

また、コレステロールや体内脂肪を減らす効果もあるので、生活習慣病の予防にも最適です。


以上、水を賢く使い分けて、
美しくなりましょう!!


posted by yuri at 08:22| Comment(0) | 美容法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。