2016年06月26日

デスノート2016に出演予定!川栄李奈の美容法

最近ではおばかキャラとしてそのキャラを確立しつつある、川栄李奈さん
tumblr_o0zl1gpRkI1su1hplo4_1280.jpg
tumblr_n1cr7s4imf1rqar03o1_500.jpg

元AKB48のメンバーで、2015年に卒業

と同時に、ドラマや映画での出演が相次ぎ、NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」では森田富江役、さらには2016年公開の「デスノート Light up the NEW world」への出演も発表となりました。



そんな彼女のメイクはなんと言っても「何もしてないように見える」ところが特徴。

ここでは彼女のナチュラルメイク術をお伝えしていきます。

スポンサーリンク






1、すっぴん風ナチュラル

いわゆる日本人の特徴といわれる平べったい顔立ちの彼女ですが、その生かし方がとても上手。

メイクをしてても、気付かれないという方も必見の目立たせない、わかるメイクが今風のナチュラルメイクです。

2、目元がポイント

その際に一番のポイントが目元。

目元を作るための、いくつかの簡単なポイントをおさえるだけ。

それはこのあと見ていきます。

3、目元のための他の場所

さらにその目元を際立たせるためにやることは

その他のパーツにもしっかりとしたポイントをおさえること。

そして最終的にはそれぞれの最適なバランスをとること。



すべてを施したあとの「全体のバランス」が何よりも大事になってきます。

まずはアイラインの方法から見ていきましょう。

アイライン

自分の目が二重なのか、一重なのか、それとも他の特徴を持っているのか?

それぞれの現状から、どうすればいいかを考えるのがポイントです。

手順1 ビューラーで上向きに

基本中の基本ですがまずはこれ。

立ち上げすぎも良くないので、自分が求めている角度をしっかりキープするように作っていくこです。

1、自分にあったビューラー

目のカーブが浅い、目の彫りが深い、まぶたが厚めなどそれぞれの特徴によって使い方も、買うべきビューラーも変わってきます

メイクがうまくいかない・・・というかたは是非、ビューラー選びからやってみては?
→合わないビューラー使ってませんか?自分に合ったビューラーでまつ毛美人に

2、下に向かって

まつ毛を挟んだ時は上にグイグイ引っ張るのではなく、

下に向かって少し引っ張りながら挟みます!



根元からしっかりと挟むのが◎

1回5秒ほど挟むのが理想的!

3、3回で分けてはさむ

2の動作を丁寧に3回ほど繰り返します。

このひと手間がナチュラルな質感を演出してくれるのです。

あせらずじっくりと◎

4暖める

毛質のせいかどうしても日中にもどってしまうときには、この方法。

ドライヤーでビューラー自体を暖めてからまつげにあてていきます。



パーマと同じ効果で効き目長持ちです。

手順2 トップコートでキープ

トップコートだけでキープさせるという技。

それが自然に見えるのに、一役買っています。



「マスカラ下地」「トップコート」「マスカラ」として1本3役として使えるものも販売されているので、そちらもチェック!
→まつげのカールは12時間キープしたい。キャンメイクのマスカラ下地が叶えます

手順3 目指すのは「存在感」ではなく、「際立たせる」アイライン

とにかくポイントは際立たせること。

アイラインをがっつり引いてしまうのではなく。

アイラインは目のキワに沿って細く引くように。



ブラックだと存在感が出すぎてしまうので、ライトブラウンなどナチュラルに目元を際立たせるカラーをチョイスしてください。

そうすることで、抜け感がでて最高のアイラインが出せるのです。



その他アイラインの入れ方はこちら

目の周り補足

ここでは美容家の神崎恵さんもおすすめの「マスカラなし」で仕上げる方法です

あえて抜いた方が可愛かったりするんですよ。今活躍しているメイクさんの中にも、ノーマスカラで仕上げている人が結構います。その分、チークで血色感を出してピュアっぽくするとか。



さらに詳細な手順としては

上まぶたのきわ(粘膜埋めるように)に細くアイライン
目尻に少ーしオーバーにアイライン
下まぶたの目尻に薄い茶色のアイシャドウ
涙袋に薄くハイライト
チークはしっかりめにピンク色で塗る
眉毛はブラウンでボカす用のチップでぼかす
まつげは黒目の上らへんをしっかりと上げ、アイラインはタレ目気味に描くこと。

涙袋にはハイライトカラーでぷっくりとみえるように。色はピンク系シャドーのハイライトの部分か、涙袋用のコスメを使用する。

スポンサードリンク



まつげ補足ポイント

このメイクの重要ポイントはまつげ

アイラインの方法と多少かぶるところもありますが、ここでもう一度まとめておきます。

1ビューラーでまつ毛をしっかりめに上げる

とにかくしっかり上げること。

2まつ毛のトリートメントをつける

マスカラタイプのトリートメント(トップコート)だと、上がったままキープでるので、場合によってはしようする。

3ビューラーのサンドイッチ

ビューラー→固定→ビューラーという手順。

トリートメントなどキープさせるものを使用したとしても、最後にはビューラーでダメ押しするのが、最高のまつげを作ってくれるのです。



といことでいかがでしたでしょうか?

ポイントをまとめると

「存在感」ではなく、「際立たせる」
チークはしっかりめ
眉毛はぼかす
の3つをガイドラインに是非実践してみてください。



最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



posted by yuri at 12:43| Comment(0) | ファッション系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: